上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.09.26 Happy or Right
Happy or Right

直訳すると「幸せ」と「正義」。

人間関係において人は常にどちらかの選択を迫られる。

何か相談事を受けたとき、その多くは他人から見ると
大きな問題ではなかったり、悩むほどの事ではなかったり
することが往々にしてある。

そのような時皆さんはどのように対応されるでしょうか。
日本人の多くは自分の主張より人間関係を重んじる。
つまり答えや結論が分かっていても
話の聞き役になり、同調する。
そうすると一通り話を聞いてもらい
共感してもらった話し手はすっきりする。
聞き役もその時間さえやり過ごせば
相手も喜び円満にその場を終わることができる。

これが冒頭に示した
Happy or Rightの「Happy」。

つまり結論や主張を示すのではなく相手との調和を優先した結果だ。

一方、話し手の相談事に真っ向から
自分の意見、主張、具体的な解決策を示す場合もある。
こちらは往々にして相手との嫌悪感が生まれたり
空気が悪くなったりする。
これが「Right」を選択した場合。

もちろんどちらがよくてどちらが悪いというわけではなく
時と場合にってどちらを選ぶかも重要になってくる。

しかしである・・・。

Happyを選択することがRightだと履き違えることはいかがなものかと考える。
もちろん雰囲気を大切にすることや相手の聞き役になることは
とても大切なことである。

しかし最終的にはRightの部分も必要ではないだろうか。
Happyを選びそれをRightと結論付けることに問題がある。

一方その逆の
Rightを選択することがHappyなのかどうか。
先に示したとおりそれなりの問題点はある。
しかし相手のことを真剣に考え
自分なりの主張を示すことで結果的に問題点の
解決策を導き出すことができるが
時に相手の間違いを指摘するようなことにもなる。

様々な人と話したり、様々な問題に直面した場合
皆さんはどちらを選択し結論をHappyに結びつけるのか
それともRightに結びつけるのだろうか。

Rightを選択し続けることは 時に
人に嫌われ、敵を多く創る事にもなりかねない。
何事も波風立てぬHappyも大切だが
私はRightを選び、波風立っても
最終的にはHappyに結び付けたいと思う。

そうしたことが本当に深い人間関係を構築できるのではないだろうか。

<WS000000.jpg
2015.08.18 新卒者内定式
夏季休暇も終わりそれぞれが夏休みを楽しんできた。
今年の休みは6日間で昨年より1日短かった。

というのも盆休み前に新卒者内定式があり
休み前の食事も含めてほぼ全員で参加し
楽しい一日となった。

その内定式だが当社にとっても初めての試み。
今年の3月から新卒採用活動をはじめ
4人の内定を出しようやく一息といったところ。

おそらく内定者の4人も同じ気持ちだろう。
式自体は一時間ちょっとといったところで
滞りなく終了することができた。

新卒者それぞれに決意表明をして頂き、
まだ学生の彼らには緊張もするし上手くしゃべれないのでは?
というこちらの心配もよそに
原稿を読むことなく、みんなしっかりと話していた。

私自身も内定式ということで少し硬い話が必要だろうと
原稿を準備してきたが彼らの真剣さ、一生懸命さに感動し
準備してきた原稿は読まずに話をさせていただいた。
私が感じている素直な気持ちを自分の言葉で
話すことができてよかったと思う。

彼らにどれほど伝わったかは分からないが
何かしら響いてくれればと思う。

その後、懇親会へ行き更に盛り上がり
翌日から夏季休暇ということもあり
カラオケ、その後麻雀と遅くまで楽しんだ。

返りはタクシーが捕まらず30分ほど歩いて帰宅。

来年の4月に元気な笑顔で入社してくることを心待ちにしている。

内定式_3579


内定式_4070


<WS000000.jpg
2015.07.25 うれしい連絡
今日はおいでん祭り。
愛知県にお住まいの方なら皆ご存知だと思う。

何かの用事で母親が駅前に行き
「あんたの会社の看板、駅の正面に出てたよ!」
と連絡を受ける。

そういえば今年はおいでん祭りのスポンサーになってたっけ。
一応確認をと思い豊田市駅前へ。

すると連絡通り駅前ローターリーのメインステージ正面に
当社のロゴが出ている。
それも世界のTOYOTAさんと並びで・・・。

さすがに目立つな、と思いつつもうれしく思う。

さてそんな中現在は1級建築施工管理技士の2次試験に向けて勉強中。
本日合格通知書が郵送されてきて
1次試験の合格が確実なものとなった。
ホッと一息。

2次試験は記述だけだから楽勝だよ~。
と懇意にさせて頂いている経営者N氏から聞いていたが
近年の過去問題を見てみるとそうでもない・・・。

試験関係者に聞いてみると最近は出題内容が複雑化してる事と
安易に想定できるような問題は出題されない。

また1次試験での知識が本当に理解できているか?といった
内容の問題が出題されている。
6月に1次試験が終わって一息ついたのもつかの間。

10月の2次試験に向けて勉強再開である。
試験が終わると不思議なほど知識が薄れるが
忘れる前に試験に臨みたい。

ちなみに明日はおいでん祭りの花火だが
数年前に見たTV番組での調査では
マニアの間で全国でもベスト3に入るとか。
残念ながら明日は出張、見ることができないんですけどね。

1437807346544.jpg

IMAG1319.jpg


IMAG1321.jpg

<WS000000.jpg

当社は外装リフォーム外壁塗装を年間300棟ほど
施工させていただいているが
契約までに至る現地調査や見積もり作成などは
年間施工棟数の1,5倍~2倍となる。

相見積もりが当たり前の現在なので
これは致し方ない。

そこで失注原因を調べてみると
やはり価格差。
お客様は当然同じ工事であれば
安いに越したことは無い。
できるだけ安く済ませたいというのが
正直な心理であろう。

しかし同じ建物を見積もりをして
価格差が1,5倍にも開くのは
外壁塗装の相場から見ても
おかしくないだろうか?

例えば当社の見積もりが150万円。
他社が100万円。

価格差が開く理由は以下の通りだろう。
1、見積もりの仕様が違う。
2、企業努力による低価格の実現
3、当社の見積もりが明らかに高い

自分で言うのもどうかと思うが
3、は無い。過去何千件と見積もりを作成し
材料購入や発注価格の交渉も幾度と無く
繰り返してきた事実からこれには自負がある。

2、の可能性も低い。
労働集約型のビジネスでしかも
材料費比率が低い外装リフォーム、外壁塗装においては
価格低減にも限界がある。
(人件費を極端に下げれば可能だがそれはそれで大きな問題となる)

とすると1、。見積もりの内容が違う。
この可能性が高い。

それに付け加えると我々の仕事というのは
完工を迎えたらそれで終わりではない。
アフターメンテナンスや不具合が起きたときには
真摯に対応し修理、修繕を行わなければならない。

そうしたコストもお客様から頂く費用の中から
賄わなければならないのも事実。

そう考えると安すぎる見積もり、契約はお客様にとっても
我々の業界にとっても何もよくない結果を産み出すことになってしまう。
目先の仕事が欲しい、業者の気持ち。
できるだけ安く済ませたいお客様の気持ち。
双方理解できる。

しかし、お互いの目先の利益を優先することで
将来の不利益を増幅させているように思えてならない。

商売の原則として
安いものに良いものは無い。
老舗企業に安売り店は無い。

この原則を理解して双方が将来的にも安心できる状態を
構築していくべきだと強く思う。

ビジネスとは競争社会。
常にしのぎを削る世界であるが
行き過ぎた価格競争は不毛な争いとなる。

5年先、10年先を我々業者は真剣に考え
将来のお客様の安心も確実に提供できる体制を
整えていくべきではないだろうか。
そうした意識を多くの業者に持っていただける事を
切に願う。



<WS000000.jpg
ゴールデンウィークも終わり今日から通常業務に戻った。
毎年5日間のお休みを頂いているが
盆正月、GWはどこに言っても込み合うので
基本的に出かけないようにしている。

しかし今年は少し様子が違う。
6月に1級建築施工管理技士という国家試験を受けるため
休日返上で毎日勉強。
1日4~5時間程度だろうか。

この年になって資格試験を受けるのは
なかなかのものだが「今より若くなることは無い」と
自らを奮い立たせ国家資格に挑戦。

3月から学校へ通い毎週日曜日は勉強漬け。
残り一ヶ月。
ブログにも書き社員にも公表した以上
絶対に落ちるわけには行かない(泣)

しかも建築系の国家資格は実務経験が
長く必要なものがほとんどなので
若い社員では受験資格すらない場合が多い。
今回は高卒で確か11年6ヶ月の実務経験が必要。

結構な労力だが
試験に合格したら遅めのゴールデンウィークでもとろうかな。


1430981819690.jpg




<WS000000.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。