上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.04.27 伝える力
最近になって色々な取材を受けたり
人前で話す機会も増えてきた。

先日も「愛知の社長TV」というところから取材を受けた。
明日も東京でセミナーを行う。

できるだけわかりやすく
楽しいものとなるように心がけているが
これが意外と難しい。

会議などでも私から発信することが多く
普段から言葉使いや目線などにも気を配っている。

それでも「話す」と「伝える」ということは違うんだなと感じる。

伝えたつもりが話しただけに終わっていることが良くある。
話したのだから当然相手は理解していると思うのだが
意外とこれが理解していなかったりする。

社員が増えこちらからの発信が
全員に行き渡るのも難しい。

そもそも話している途中に
何を伝えようとしていたか忘れることすらある。

老化現象の一つだろうか・・・。

一方聞く側に立ったときも
相手が何を言いたいのか理解できないときがある。
こちらの能力が低いのか?と思ってしまう瞬間でもある。

いずれにせよ「話す力」「伝える力」「聞く力」を
もっと上達させたいと思う。

表面的なことだけでなく真意の部分も
しっかりと汲み取れるような話し方、聞き方。

そんな能力を持っている人は
凄く魅力的である。



<WS000000.jpg

スポンサーサイト
桜が満開な週末。
花見に出かける人々を横目に
2日間かけて事務所と作業場の片づけを行った。

必要にかられたところもあるが
やろうと決めたらすぐ実行。
思い立ったが吉日である。

早速手の空いているスタッフを招集し
作業場の片づけから入る。

資材を保管するためのコンテナがあるが
物で溢れかえっていたため
いらないと思われる物(いらないではなく思われるもの全て)を処分。

こんなにあったかと思うほどの量である。
そもそもそんなに大きなコンテナではないので
すぐにいっぱいになるのは
仕方がないことと決めつけていたが
実はそんなにスペースは必要ないことが判明。

事務所も然り。
無料でもらえるカタログなどは際限なく増え続ける。
定期的な処分はしていたつもりだが
知らない間に増えている。

ここでもいらないと思えるもの全て撤去。
満タンだった本棚が1/4ほどの量に。

私生活でも同じことが言えると思うが
実は必要なものは本当に一握りなのではないだろうか。

日本人の「もったいない」が「捨てられない」
につながることはある種美徳でもあるかもしれないが
「持たない」ことの美しさもあるのではないか。

「small is beautiful」  「conpact is great」

なのかもしれない。

物があふれる時代。
取捨選択をし洗練された状態を維持する。

先日のブログにも書いたが
身体も会社も無駄なものを削ぎ落とし
筋肉質に仕上げていく。

知恵と工夫でまだまだスリムにできるのであろう。



<WS000000.jpg

桜が咲き、少し肌寒いが
穏やかな天気は気持ちが良い。
自宅の庭にもチューリップや桃が咲いている。

新年度と共に入学、就職。
新しい環境、新しい生活が始まる。
私の子供も今年から大学生。
大きくなったものだ。

毎年年間の目標を立てるのが当社の通例となっているが
会社の目標とは別に個人目標も立てる。

私の場合は「4kgビルドアップ」。
40歳を過ぎ代謝も下がり、
太りやすくなった体を今年は引き締める。

過去にダイエットに成功し13kgほど
体重を減らしたが
今度は筋肉をつけ体重を増やす。

目指すは体脂肪率1桁。

そこで先日行ってきたのが
加圧式トレーニング。
手足にバンドをつけいわゆる鬱血させた
状態で軽めのトレーニングを行う。

しかしこれがきつい。
2kg程度のウェイトを持上げるだけでも汗をかくほど。
次の日にはかなりの筋肉痛になる。
体幹の筋肉は鍛えづらいが効果はあるようだ。

とりあえず数ヶ月通って様子を見てみたい。
いろいろなことに取り組む季節。

何か新しいことを始めては如何だろうか。

1396666897435.jpg

1396666877063_20140405120410a29.jpg


<WS000000.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。