上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.28 長期出張
先週は出張の一週間でした。

月曜日の東京から始まり、名古屋、京都、再び東京。
その中で今回は私の所属するJACKの全国総会がありました。
参加人数100名以上と昨年より大幅に人数も増え一大イベントとなりました。

会員さんの多くは業績を伸ばしており総じて好調といった印象を受けました。
その後2次会3次会へと・・・。
30代の経営者が多いこともあり皆さん元気でした。

その後京都へ移動し研究会へ参加。
ハウスドゥの本社にて行い、そのスケールの大きさと
「飛ぶ鳥を落とす勢い」とはこれなんだな・・・、と感心しながら話を聞いていました。

懇親会では初めて京都の鴨川で「床」を体験。
風情がありましたね。
折角なのでフェイスブックにUPしたところ
滋賀県の知人が近くにいるとの事で急遽参加。
UPしてすぐ電話がかかってきたのでびっくりです。
恐るべしフェイスブック。

最後は東京へ移動しセミナーを行いました。
自社の取り組みやこれまでの軌跡などをお話し
長かった出張から帰宅。

しっかりと皆様のお役に立てたかな。

IMAG0512.jpg

IMAG0523.jpg


IMAG0532.jpg


<WS000000.jpg

スポンサーサイト
2013.07.19 生命の暗号
先日読んだ「生命の暗号」という本の2作目が出ていることを知り早速買って読んでみた。
著者は村上和雄氏。
前回同様環境が遺伝子に影響を与えるという理論は変わりないのだが
影響を与える環境について掘り下げられていた。

簡単に言うと「利他」の気持ちが遺伝子に好影響を与えるということ。
人はそもそも自分の為に生きている、と言うのが基本的な考え方ではあるが
利他を考え、行動するとやる気遺伝子のスイッチがONになるということ。

この考え方は我々リフォーム業界にも浸透しており
会社の利益追求ばかりしているといずれジリ貧になる。
利他やお客様のためというのを企業理念に掲げるところも多い。

実際人間には人の役に立つことを本能的に望む遺伝子を持っているらしい。
もちろん生命維持の為に自らを最優先する事実もあるのだろうが
利他を求める考え方が本能に備わっていることを考えると
性善説なのかなとも考える。

人のため、社会のために役に立つことが結果として
自分自身のエネルギーを増大させてくれる。
この好循環が大きな結果を生み出すのだろう。

情けは人の為ならず。

巡り巡って利他は自分に帰ってくる。
忘れずに日々の生活を送りたいものである。

IMAG0511.jpg


<WS000000.jpg

2013.07.12 海外研修旅行
外装リフォーム研究会の海外研修に行ってきました。
今回で4回目。行き先はシンガポール。
3泊4日の旅行でしたが非常に充実した4日間となりました。

アジア諸国の中でも日本に次ぐ経済大国です。
人口は500万人強と日本に比べたら20分の1以下でありながら
その街の姿は未来都市そのものでした。

街はとても綺麗で林立するビル郡も洗練されたデザイン。
10年前はマーライオンのあるベイエリアは世界3大がっかりでしたが
今ではマリーナベイサンズや植物園、巨大なショッピングモールがあり
とても綺麗な観光スポットとなっています。

日本に比べカジノを建設したり移民を受け入れたりと
積極的な経済活動を行っており保守的な日本とは勢いの違いを感じました。

シンガポールでは"Global Schoolhouse"構想というものがあり
2015年までに初等・中等・高等教育のすべてのレベルでの留学生を
15万人にまで増やす計画で、すでに地元大学の学部レベルは
2割以上が留学生、大学院レベルは6割以上が留学生であり、
国際色豊かな学びの場となっている。
また、コーネル大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、
ペンシルベニア大学などの世界のトップ大学が次々とシンガポールに進出し
アジア諸国を初め、世界中からの優秀な留学生が学んでいる・・・との事。

アジアのハブ都市としてますます発展を遂げていくだろうと思います。

様々な問題はあると思いますが日本も
教育、移民、娯楽を積極的に取り入れ
更なる経済発展ができればと思います。

淡路島ほどの大きさの国がこれだけの経済発展を遂げたのであるから
日本にできないはずはないと思いました。

IMAG0479.jpg


IMAG0483.jpg


<WS000000.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。