上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京六本木ヒルズにあるグーグル社へセミナーに参加してきた。
あのGoogleである。
アメリカのカリフォルニア州にあるグーグル本社の風景は何度かテレビで見たことがあったがその斬新というか先進的な社風と雰囲気に驚いた。
それと同じ風景が東京六本木にもあった。
到着時間が12時半頃ということもあってかノートパソコンを片手にランチを取りながら仕事をしている人がいるかと思えばその横で英語で談笑するグループもある。ここまでは外資系企業なら普通なのかもしれないがスーツ姿の人ばかりでなく非常にラフな格好をした人やジャグリングしている人までいた。
なんとも自由というか普通の日本企業にはない雰囲気がそこにあった。

そんな雰囲気の元会場に入ると色とりどりの椅子と壁にはアンドロイドのキャラクターの壁紙。
20代と思しき社員の方が「一時間説明させていただきます」と始まると非常にわかりやすくまた的確に様々なシステムの説明に入る。その説明とシステムを使いこなすスピードに圧倒されながら聞いているときっかり一時間で説明終了。その間「えーと」とか「そうですね」などの説明に不要なことは全くと言っていいほどなく洗練された言葉遣いと表現力に感動した。
私も人前で話すことが少しづつ増えてきているがここまでうまくなるのには何年かかるのだろう。

そのあともセミナーは続き一通りの事は大方理解したつもりだが説明していただいたスピードで使いこなすには相当な慣れが必要だと思った。
グーグルの機能の一つに「ハングアウト」というものがある。スカイプに似たツールだ。簡単に言うとテレビ電話なのだがパソコンの前に座ってさえいればいつでもどこでもテレビ会議ができる。会議でなくとも1対1での会話ももちろんできる。
このシステムの説明を聞いているとき「昔は手紙でやり取りしていたものが電話に替わったように、これからはハングアウトのような通信ツールに替わっていくのだろうな」と思った。
しか通信費は基本的に無料。

テクニカル的なことはさておき今回のセミナーでひしひしと感じたことはやはり「スピード」。
生産性をあげるという意味でも必要不可欠な要素であると思うが先端を行く企業はこんなに速いスピードで業務をこなしているのかと思うと唖然とする。おそらく一昔前の5倍以上の能力があるのでは。

話はずれるがこうした機能を使うにはインターネットに接続する必要がある。
出張が多いこともありIpadやノートパソコンを持ち歩くのだが個人的には4Gを積んだウルトラブックは発売されないものなのだろうか。メールの返信程度であればipadでも十分だが仕事となるとノートパソコン。
その2つの良いところが合わさった機種があれば即買するのに・・・。

IMAG0263.jpg

IMAG0264.jpg






<WS000000.jpg

スポンサーサイト

名古屋にて外装リフォーム研究会ワンマンセミナーが開催されました。
今年は長崎県のすまいるリフォーム中村社長のご講演でした。
長年にわたる集客や顧客管理のノウハウを余すところなく伝えていただきました。
5時間に及ぶ講演に大変感動しました。
全国から60名を超える参加者が集まり大変盛況でした。

お客さんに対する思い社員に対する考え方など流石だなと思うところが沢山あり
わが社にも取り入れるべき要素が沢山あると同時に長年の苦労と努力も垣間見られました。
来年は私のワンマンセミナーということが決まっているらしく会員の皆様に今年以上に盛り沢山の内容を伝えるべく準備が必要です。

さて、今回の出張ではセミナー以外にも勉強会に参加してきました。
そこでは会社の組織作りに関わることを目一杯教えていただき大変有意義な時間となりました。
組織としてやるべき事、もちろん売上なども必要ですが組織が円滑に進むような仕組み創りや法的な事、福利厚生などについても詳しく教えてもらい弊社も準備すべきことが沢山あります。
個人商店から会社組織への変換。
煩雑な書類や堅苦しいことが多いのですがそれも会社組織として運営していくために必要なもの。
一つ一つ整備して「強い会社」にしていきたいと思います。

今年は新しい取り組みも始まり、新入社員も3名入社します。
マネージメントが問われる1年になりそうです。
まずは自分自身のマネージメントでしょうか(笑)

IMG_2975.jpg



<WS000000.jpg

現在朝の6:30。東京にいます。
昨日からの豪雪で東京の朝は静まり返っています。
関東地方では珍しく大雪で一時電車も止まりタクシーも疎ら。
一昨日東京に向かう新幹線の車窓から見た富士山はとても綺麗で1月にしてはとても暖かい一日だった。
昨日から打って変わっての積雪と大寒波。体調管理に気を使う。

先日はネットのセミナーを受け以前からお会いしたいなと思っていたK氏とも沢山話をすることができた。
ネットの商売を始められる前は住宅リフォーム業を営まれていたことと格闘技をやっているということで共通点も多く楽しい一日となった。
メールやフェイスブック等で離れていても最近の出来事を把握できるし、メールでほとんどの要件は済ますことができる。しかし実際にお会いして話してみると意外というか会ってみないとわからないことや新しい発見がある。
以前は経費節減や要件が済めばわざわざ出向く必要もなかろうと思っていたが最近は積極的に出向くことにしている。
昨年も出張が多かったが今年は更に増えるだろう。
外に出ていろんな会社に行き人と会い、いろいろな話や取り組みを聞く。
良いと思ったことはすぐに持ち帰り社業に反映する。これを知人の言葉を借りると「TTP」という。
「徹底的にパクる」の略である。
少し言葉は良くないように聞こえるが今読んでいる本にも同じようなことが書かれていた。

自身で考え生み出すことも大切。しかし生みの苦労を伴う割には成果が出にくいことがある。TTPしてしまえば時間と労力の削減にもなるし実際に成功している事例であればその効果も大きい。
そんなわけで今年もたくさんの会社に学び自社に取り入れスタッフと会社の成長を促す大きな一助としたい。

3時間後には今度はセミナーで話す立場。資料を見直し来ていただく会員さんに弊社の取り組みをTTPして頂ければと思う。


IMAG0240_20130115070155.jpg






<WS000000.jpg

2013.01.06 謹賀新年
明けましておめでとうございます。
2013年が始まりました。
今日から仕事はじめです。
というものの4日からあれこれ事務仕事をし既に仕事モードです。
私の知人たちは年始のイベントなどで忙しくしている方も多くスロースタートな我社はのんびりしていました。

さてお正月休みにお笑い芸人がプロスポーツ選手に挑戦するという内容の番組がやっていました。
毎年見ているのですが今年は思うところひとつ。
いろいろなスポーツを通してプロ選手と曲がりなりにも互角に戦う姿はそれはそれですごいなと思いましたが、そこは番組の構成上ある程度の駆け引きがあるのだなとも感じました。
しかし後半競ってくると流石プロ。
ここぞというところできっちりと決めてくる。
その技術も素晴らしいが集中力もすごい。
そんな姿を見ていて感じたこと。
我々もお客様から仕事をいただきその代金をいただく以上プロである。
お客様から「ありがとう」「綺麗になったよ」と言われることも嬉しくはあるが
「さすがプロだね」と常に言われるような存在となりたい。

技術も経験も必要なリフォーム業。思わぬトラブルやアクシデントはつき物であるが
先手先手で想定内に収め安定した品質と現場管理の向上につなげたい。
今年も2人新人が入ってくる。
彼らへの教育と理念の共有で更なる会社の成長を期待したい。
もちろんそこにはスタッフの成長がある。
まだまだ小さな会社ではあるがそろそろ強い組織作りに取り組んでいこうと思う。
今年はそんな礎が築ける年になると良いと思う。

目標も立てた。手段も考えた。あとはやるだけ。


今年も1年皆様よろしくお願いします。






<WS000000.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。