上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.18 マッサージ
時々マッサージを受ける。
これが来る人によって上手い下手が極端に別れる時がある。
マッサージ師も人間だから違いがあっても当然だとは思うがそれでも極端だ。
その違いはなんだろうと考えてみるとそれは相手をを思って施術しているかどうか。
一通りマッサージして行くのは当然だと思うが相手のどこが凝っているかくらいは聞かなくとも体を触ればわかるはずなのではないだろうか。
一生懸命やっている事は伝わるので別に文句を言いたいわけではない。

我々の仕事もお客様相手。
一通りの説明は必要だし基本に沿って営業を行う事も必要ではあるがプロである以上それだけでは顧客満足にはならない。お客様のの現状を把握して言われなくともこちらから最適な提案をして初めて一人前。
つまり画一的な方法ではダメなのである。

ケースバイケース、適材適所ができて初めて納得頂く。
決して簡単な事ではないだろうが経験と努力でなし得て行く必要がある。
人間相手の商売に答えは一つだけという事はないのだろう。
お客様一人一人にとっての満足はそれぞれであるということだ。

疲れを癒して欲しいところだが考えさせられる一日の終わりとなった。




<WS000000.jpg
スポンサーサイト
2012.11.17 脳に汗をかく
久しぶりにみっちり講習を受けている。2日間の初日が終わり頭から煙がでそうだ。
今日明日2日間かけてインターネットに関する講習&ワークショップというスタイルで徹底的にインターネット集客などについて学ぶ。今日はその初日。
半分が過ぎたところでの感想は、知っていることと知らないことが半々。

しかしその内容は知っていたことのさらに深堀する作業が続く。
改めて事の難しさと奥の深さを再確認。

8時間に及ぶ講習の中で今までとは違う異業種の方との交流が主体となり各企業の業態やマーケティングの違いに戸惑いながらもなんとか自社に有益なものを持ち帰りたい。
知らない人と知らないことを学ぶ事は新鮮でもありしんどくもあり。

異業種間の交流は正直いって今の私の段階ではそれほど必要ないのかも、むしろ今やっている事をさらに詳しくと思っていたが違った視点から現況を見れた気がして今後は違った角度から物事を考えられるようになれば嬉しく思う。

懇親会の席である人が「知っている事は他人位任せて、知らない事は自分でする」と言っていた事がとても印象に残る。普通アウトソーシングなどは知らない事を外注に任せ知っている事を行う事だと思っていたが言われてみれば逆なのかな。
まだまだ自分は楽をしているのかもしれない。

今ホテルに戻りブログを書いているが明日までの膨大の宿題を出されこれから取り組む。

明日はさらに詳しく講義が進められる事だと思う。明日も8時間みっちり学んでこようと思う。






<WS000000.jpg
2012.11.08 2位という勝者
先ほどマックスビアッジの引退を聞いた。
知らない人が殆どだと思うが彼はモーターサイクルレースで長年活躍したライダーの一人だ。
1994年WGP(ワールドグランドプリックス)に参戦し250CCクラスで4度のチャンピオンになるものの最高峰の500CC(現999cc)クラスでは何度か2位になったがチャンピオンにはなれず。
土俵をWSB(ワールドスーパーバイク)に換え2010と今年チャンピオンになった。

全く想像の域ではあるが本当は彼は世界最高峰WGPで世界チャンピオンになりたかったであろう。
しかしその時チャンピオンになっていたらライダーとしての今はないのかもしれない。
現在41歳。WSBの舞台ではあるがチャンピオン、勝者として引退する姿はとてもカッコ良い。

250CC時代はその走り方、特にコーナーリングスピードで他者を圧倒する姿は見ている我々をドキドキさせたし
そのアグレッシブな姿には定評があった。
マシン特性を活かすにはそれにあった走り方が必要。しかし転倒を脆ともしない常に攻めの姿勢だ。

競争社会には常に圧倒的に強ものが存在する。彼の場合にはヴァレンティーノロッシがそうであろう。
同じ時代に参戦しなければ彼もチャンピオンになり得ただろう。
舞台を変えてチャンプになったになったものの何かしら引っかかるものがあるに違いない。

ビジネスにおいても同じことが言える。
1代で上場する会社から何代続いても家族経営の会社もある。

2位に甘んじることが決して悪いということではない。
むしろ2位になれたことを賞賛すべきであろう。
沢山の人が頂点を目指し、夢見て挑戦する。しかしそのほとんどが夢半ばにして終焉を迎える。
だからと言って勝者以外が敗者というわけではないと思う。

自分の人生、一生懸命生きて来た時間を振り返って満足できるかどうか、楽しめたかどうか。
それが大事なのだと思う。戦いの最中は勝つことばかりに目が行くが終わってみれば視点が変わる。

努力したかどうかが満足できるかどうかの指標になるのではないだろうか。
結果が見えないから行動を起こさない。どうせ変わらないから今のまま・・・。
それではなにも始まらないし何も残らない。

成長し進化していく過程を楽しめたらそんなに素晴らしいこと他にない。


人生を研ぎ澄まし、勇気を与えてくれる選手に感謝したい。

WS000001.jpg








<WS000000.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。