上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.28 葬儀
今日お通夜に行ってきた。昔お世話になった方のお通夜。
まだまだ現場で作業していた時代にいろいろと教えていただいた先輩経営者。
協力会の関係で何度か旅行や忘年会などでも同席したことがある。しかしその程度の付き合いだった。
50代半ばでの死は衝撃と同時に人生はいつ終りを迎えるのかわからないことを教えられた。

通夜や葬式に行くたびに思うことがある。
それは参列する方々の雑談や笑い声。
そういう場だから久しぶりに会う方もいるだろう。話したいこともあるだろう。
しかしここは故人を偲ぶ場。少しは弁えるべきであろう。

生前の付き合いが薄かったのかもしれない、友人の親族だからということかもしれない。
しかし葬儀の最中にどうでも良い話をしたり暇そうな素振りを見せるのは失礼ではなかろうか。
傍らで涙を流す親族がいるのにである。
同じ時代同じ時期に生まれ何かのご縁で知り合った仲間の最後のお別れの場はもっと厳かに過ごすべきではなかろうか。憤りすら感じる。

私は無信教だし死後の世界について何かしらの考えがあるわけでもない。むしろ死んでしまえばすべてが終わりで霊だのなんだのとは信じていない。
しかし最後のお別れだけは厳かにそして個人を思って送り出してあげたい。
それに意味があるかどうかもわからないがそうすべきだと思う。

何かにつけ楽しければ良い、終われば良いという様な考えが広まっているように感じる。
堅苦しいのは好きではないが礼節をわきまえるべきではないだろうか。

年齢とともに考えることも変わり年を感じることもあるがそれは成長だと解釈している。

冠婚葬祭、節目節目はもっと真剣に取り組むべきなのだろうと感じました。




生前は大変お世話になりました。心よりご冥福お祈り申し上げます。








<WS000000.jpg
スポンサーサイト
今回で4回目となるリフォームサミットに参加してきました。
第2回から参加させて頂くようになり今回で3回目。
3年前は知らない方も多く参加者大勢の中にまぎれ話を聞いていました。

それから3年。今回は講師の一人として壇上に上がり皆さんに話をする立場。3年前には思いもしなかった現実がそこにはありました。
リフォームサミットとは全国のリフォーム業者が年に一度集まるイベントです。そのような席で皆様の前に立てたことは非常に光栄でもあり感謝しています。

サミットが終わり懇親会が始まり話はさらに専門的な内容や各社の業況などいろいろと聞いてきました。
全国から集まるとさすがにすばらしい業績を上げられている会社もあり、そんな会社の社長のお話を聞くことはモチベーションが上がりますね。
中でもこの会の発起人でもある大阪のスペースアップの小西さんの話の中に「未来投資費」という話がありました。
われわれ経営者は常にコストを考え会社を経営しています。そうすると経費削減や効率化ばかりに目が行く中、未来投資費として年間にある程度の予算を組む必要があるとの事。
現在の取り組みや事業には直接利益を生む事はないがコストをかけることで2年後3年後事業として利潤を生むことになる。それができない経営者はいつか行き詰る。

製造業やメーカーで言うところの商品開発や研究開発費といったところでしょう。もちろんすべての企業に未来投資ができるわけではないと思いますがコストと考えず、投資なんだという意識を持つ必要がありますね。
「経営者は常に未来を見ていること」そんな事も仰っていました。

IMAG0186.jpg

翌日は皆さんとゴルフ。昨年も参加し今年も参加、しかしスコアは去年と同じ。
そこは成長していませんでした。





<WS000000.jpg
東京ビッグサイトで開催されている「インテリアライフスタイルリビング」見本市に行ってきました。

平日にもかかわらず大勢の入場者にはさすが東京といった感じです。

インテリアや雑貨が多く出品されている見本市にはいうろいろと刺激があり良い経験となりました。
正直言うともっと海外の企業やベンチャーがたくさんいてもっと雑多な感じかと思いきや大手メーカや地元の企業も参加されておりある意味完成された出品内容となっていました。
面白い商品もありましたが新商品展示会といったニュアンスが強く我々の求めるものとは若干異なりましたがそれはそれで満足。業界の先端とはこうしたところから情報や商材を仕入れているのだなと感じてきました。
個人的に気に入ったのがこの食器、魚の鱗のような模様ですが銀細工とガラス細工の混合といった風合いで非常に高級感があり「こんな食器で食事が出てきたらおいしそうだあな」と素直に感心しました。

2011-10-19 13.21.57

他にも豪華なソファーや屋外で使える応接セットなどなど・・・。


今回は懇意にしていただいている滋賀の匠工房の会長とネット業界では有名な西原さん、そして長野県のサンプロの社長と4人で参加。
建築やリフォームにとどまらず飲食への参入や海外に視点が向いている彼らの話にはとてもモチベーションが上がりますね。
私も商売人の端くれ、大きな視野や展望もないわけではありません。今後のビジネス展開や長期的な意味ではいろんな分野を見ていくことも必要ですね。

その後食事を終え早々にホテルに帰り明日の会議に備えて資料作り。
明日は早めの新幹線で帰社し、講習と会議。元気をもらった1日でした。

IMAG0180.jpg





<WS000000.jpg
2012.10.12 研修
今日の午後は営業スタッフ全員と研修に参加。新しく取り入れる商材についての説明会。
3時間程の研修は休憩も挟まずぶっ続けで行ったにもかかわらず全員真剣な表情で聞いていました。

日々の活動を日報にして提出するようになってからスタッフ全員の1日の行動が以前にも増してわかるようになり毎日の活動から少なからず学びを得ていることに感心します。若さからなのか仕事に取り組む姿勢は真っ直ぐで私のほうが見習うこともしばしば。
毎日の業務に慣れてくるとルーティン化しなかなか「感じる」ことや「考える」ことができなくなるのですが日報を読んでいると今日一日の行動から何かを感じ学び取っている姿が伺えます。

よく言われるPDCAサイクル「計画」「行動」「検証」「改善」。
会社運営もこの繰り返しですがスタッフ一人ひとりも小さなサイクルを実行しています。

個人の成長が会社の成長と考える私にとってこんなに嬉しいことはありません。
出張が多く事務所を開ける日が多い私にとって本当に感謝すべきスタッフたちです。

来週は研修の第2弾。スタッフに負けないくらい感じて、考え、そして行動したいと思います。







<WS000000.jpg
2012.10.02 台風一過

現在東京。台風が過ぎ去ったあとにもかかわらず曇り空。

10月に入り台風がすぎれば涼しくなると思いきや今だ半袖で十分な暑さ。

毎年くる台風ではあるが面白い事実があるのはご存知でしょうか?

台風は低気圧。大雨などの時も同じことが言えるのかもしれないが

こうした大きな低気圧が接近すると不思議と通りに人が多かったり

車が渋滞したりすることにお気づきでしたでしょうか?

単に送り迎えの車が増えたり台風養生で人通りが多くなるだけではないらしいのです。

低気圧が近づくと血流が良くなり活発に人が動くようになるということです。

本当かどうかは微妙かもしれませんが言われてみるとそんな気がするのは私だけでしょうか。

「それと台風は週末にやって来る」というのもうなずけるような気がします。

台風は毎年来るのに学校が休みになる事は意外と少ないものです。

うちの子も月曜日にくれば良いのに・・・、と言ってました。

そんなわけで昨日から3泊4日の出張。

いつにも増して活発に動いているのは台風のせい?



<WS000000.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。