上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.29 ボクシング
1ヶ月ぶりにボクシングジムへ行ってきました。

ここのところ海外研修等で忙しくサボリ気味になっていたことと6月はまだ1回も行ってなかったため。

ちょうど1年前にダイエット目的で始めたボクシング。もう1年になる。


久しぶりなので軽めに汗を流していると会長から「おい、あんたスパーリングして」と・・・。
この事務に通ってい1年が過ぎようとしているのに未だ名前を覚えていないのかと思いつつも「おいっす」とリングへ上がる。

そもそも20年前の話になるが一応プロテストに合格したこともある経験者である私は「まーまー軽くいきましょう」と余裕で構える。

さて、ゴングがなっていざスパーリング。

軽いジャブを繰り出して左からボディー、右ストレートを返して左フックを引っ掛ける。
相手が出てくるのを見計らってステップバック。  完璧だ。

んー完璧だったはずが完璧にやられた・・・。

そう、スコンスコンにやられた。

しかも相手はなんと中学生・・・。見守る親御さんは私より明らかに年下・・・。


いくら経験者とはいえダイエット目的で始めたボクシング。
かたやアマチュアといえどインターハイや国体を狙う真剣モード。気合の入り方が違う。
何ごとも年のせいにはしたくないが明らかなスピードの差。

もらったパンチは青タンができそうな勢いだ。


先日いった中国で共感した言葉がある。「あきらめずにトライ&エラーを繰り返すうちに成功は必ずやってくる」。

現地で働くたくましい女性社長のありがたいお言葉。


この言葉を胸におじさんボクサーの挑戦はまだまだ続く。



2011-06-30 19.39.38





<WS000000.jpg
スポンサーサイト
2012.06.25 海外研修
香港・深圳に行ってきました。

4泊5日の真面目な研修ツアーです。

香港のリフォーム、不動産の状況や現地で活躍されている「和橋」の方々とのお話は大変大きな刺激となりました。

香港ではいわゆる戸建住宅と言うものが殆どなく高層マンションが林立する大都会です。家賃も東京以上に高くそんなに高額な物件に住める人が沢山いる富裕層の集まる街でもあります。


深圳は中国の中でも発展著しい都会ですが香港とは隣り合わせでも若干雰囲気の異なる街でした。

香港に比べいわゆる我々がイメージする中国の雑踏があり行きかう車やバイク(正確には電動自転車)が交錯しこれでよく事故が起きないものだと感心する。

聞くと、もともとバイクが多すぎて事故が絶えずバイクの使用が禁止になったとか。

本来は電動自転車も禁止なのだそうです。がそこは逞しく電動自転車でタクシーの代わりをして営業するものも沢山いました。


そんなアジアを見学し感じたことが2つあります。

大陸で陸続きな事もあるでしょうが移動、引越し、出稼ぎに対して抵抗がないと言うか

非常に活発的に動きますね。彼らは。

もちろん田舎には仕事がなく出て来ざるを得ない事情を加味してもすごい人数が集まってきています。

そしてもうひとつはお金に対する執着心やキャリアに対する向上心が非常に旺盛です。

日本から見た中国や韓国は若干遠く感じるかもしれませんが彼らからすると韓国、日本、タイ、ベトナムなどは移動距離の範疇と言うか距離感をあまり感じさせません。

もちろん地理的な部分もありますがそれとは違った意識があるのではないでしょうか。


発展していくアジア、衰退していく日本と言う構図をまざまざと感じさせられた5日間。

それでも日本に憧れを抱く中国の人々。

アジアの先頭を走ってきた日本が追い越される日は遠くないと思います。

まだまだ荒っぽい中国でしたがそのエネルギーと圧倒的な人口。彼らに勝る日本と言うのは何なのでしょうか。


日本人の国民性は非常に優れていると思いますし、それは既に世界が認めているところ。

しかしながら政治経済は残念な結果になり改善される見通しも全くない。


たった5日間でしたがその内容は非常に濃く、また日本人としてのアイデンティティーは保ちつつアジア人として活躍できる様になりたいと思いました。

来月は中国広州へ行ってきます。

さらに深い中国を見てきます。





中国の東門の雑踏
2011-06-23 19.06.51

和橋総会会長筒井氏と。
2011-06-21 20.24.09






<WS000000.jpg
富山へ行ってきました。

知り合いの会社の10周年記念式典にご招待いただきました。

とても盛大なパーティーで170名以上の方が来場されていました。

様々な演出や我々の仲間のスピーチやショートコント?で盛り上がり

とても楽しい一日となりました。

10周年記念と同時に本社移転ショールーム新設と景気の良いこと目白押し。


弊社も今年10期目ですが事業規模の違いは歴然で

「10年でここまで大きくなるんだな・・・。」と正直思いました。

社長のO氏は私よりも若いのですがしっかりしていて尊敬する経営者の一人です。


こうした経営者が全国にみえて何らかの形で交友を持たせて頂いていることに感謝です。

彼らを見習って私も頑張ろうと思います。


リフォーム業界と仲間たちに幸あれ!!


IMG_2611.jpg

IMG_2620.jpg




<WS000000.jpg

あるメールが届きました。

送信者は大学の教授。

弊社ホームページの耐震リフォームに興味をお持ちになりメールをくださった。

内容は環境に配慮できる耐震や遮熱リフォームに補助金が降りるように働きかけたいとの事。

早速大学へお邪魔しいろいろな話をさせて頂きました。

学生も混じって真剣な話をし、充実した時間を過ごしました。

こうした出会いが業界の改善に繋がればと思います。


それと大学構内に入る際、守衛にて手続きをしようとしたところ

10年以上昔にお世話になった方に偶然遭遇。

時間が経っても元気そうな姿に嬉しくなりました。

年賀状のやり取りだけは続いていましたが会うのは本当に久しぶり。

近況報告をし、「今度のみに行こう!」と握手して別れました。


久しぶりに会っても笑顔で迎えてくれる。

すごく嬉しい瞬間でした。


最近は偶然が重なる。

先日も名古屋で知り合い、お世話になった経営者の方が私の知人と知り合いだったり。

世間は狭いというか、繋がるりますね。

いつだったか「人生は出会いと感動の繰り返し」という言葉を聞きましたが

まさにその通り。

出会いを待つのではなくこちらから積極的に求めていくべきですね。


IMG_2608.jpg




<WS000000.jpg

「既存住宅活用型セーフティーネット整備推進事業」長い名前ですが

説明会に参加してきました。

内容を要約すると、

アパート、マンションオーナー様向け補助金の交付です。

ある条件を満たすと国から補助金が下りるのですが全国というわけではなく

実施可能地域が限られています。

嬉しいことに愛知県は対象になっています。


条件としては

耐震改修、省エネ改修、バリアフリー改修のいずれかを改修工事に含めると

創工事全体の3/4もしくは100万円の補助金が出る仕組みです。

但し空き家があることと改修後、住宅確保要配慮者の入居を許可することが大まかな条件。

なのですが良く調べてみるとちゃんと抜け穴があり

オーナーへのバラマキが伺えます。


補助金の多くがそうですがわかりにくく、手続きが煩雑で中小零細にはとっつき難い。

知ってる人だけ特をするシステムですね。

何はともあれ我々もこうした情報に敏感に対応し

お客さんにとって少しでも負担が軽くなるお手伝いができればと思います。


この制度は12月28日までで終了との事でした。

受付開始が4月6日になっていて説明会が6月って・・・。


気になった方はお気軽にお問い合わせくださいませ。


IMG_2605.jpg







<WS000000.jpg
外壁塗装 名古屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。