上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.25 支配者
「TIME」というタイトルの映画を見てきました。

未来の設定で医学の発達により人の成長は25歳でとまり、以後は「TIME」を持つものだけが

永遠に生きながらえる、という設定。

この「TIME」とは人に与えられた時間で、無くなると生命も途絶える。

映画の趣旨としては現在の「お金」と置き換えていると判断しました。

映画の中の世界は一部の人間が膨大な時間を持ち、一般の人々にはほんの少しの時間が与えられていません。

これは現在の世界にも言える事実。

「5%の人々が全預金高の90%を持っている」という話もあります。


もうすこし話を大きくすると一部の人が世界を操っているとも言われています。

これは13世紀ごろ商人が流通に「金」を使ったことに由来しています。

莫大な流通の支払いに金を持っていくのは大変でしかも危険。

そこで商人たちは頑丈な金庫を持っている金細工職人に金を預けます。

金細工は預かった金の代わりに「預かり証」を発行します。

商人はこの預り証で取引をするようになりました。

ここで面白いことがおきます。

商人たちは誰一人として預けた金を取りに来ないのです。

預り証があれば金と同じ役目をしてくれるので安全で簡単。

そこで金細工職人は思いつきました。

「預り証をたくさん発行してもだれも気づかない・・・。」

これが銀行のはじまりです。

つまりこの世の中を支配している一部の人というのは

紙幣を印刷する権利を持っている人に影響力のある人達。

デリバティブや先物などのマネーゲームのように実態のない経済が

リーマンショックの様な大きな問題を引き起こしました。

被害にあったのは実体経済で地道に働く我々一般庶民。

この映画と被るのは私だけでしょうか。

存在するかどうかはなぞですがそんな事もあるのかも知れませんね。




WS000000.jpg


スポンサーサイト
2012.02.19 未来
物事に挑戦したり新しいことをはじめようとする時にどのように考えますか。

目標設定するときも同じかと思います。

過去の経験や出来事から推測し「このくらいなら実現可能かな」と考るのが一般的かと思います。

先日読んだ本に面白い考え方がありました。

私たちは皆「過去」→「現在」→「未来」と時間が流れていると思っていますね。

ところが全く逆だと言うのです。

つまり「未来から過去へ」。


我々は今この一瞬を生きています。

そう、このブログを読んでいるこの一瞬です。

ところがほんの少し経過すると過去になってしまいます。

過去も変えられないし未来もわからないとすれば

変えられるのは「現在」。つまり「この一瞬」。

であるなら、

現在の自分を中心に考えると

未来が次から次へとやってきては過去になっていく・・・。

未来から過去へ時間が流れている、ということです。


桃太郎に例えると川から桃が流れてきます。

桃が流れてくる水上が「未来」です。

おばあさんは流れてきた桃の大きさにも驚かず拾い上げるのですが

この瞬間が「現在」。

そして桃太郎の物語が始まった。これが「過去」。


で、何が言いたいかというと、

現在や未来の目標を決めるのに過去は当てにならない、ということです。

やってくる未来に対し過去の出来事に囚われたりしても何も始まらないということです。

未来を見て今を決断するだけで良いという事ですね。

こう考えてみるとこんな世の中でも少し気楽に考えられるようになります。

私自身もあれこれと悩むこともありますがこういった考え方もあるのだなと

前向き、「未来向き」に考えていこうと思いました。



WS000000.jpg


2012.02.15 空白は満ちる
日ごろから消化する人生より積み立てていく人生にしたいと思っているのですが

最近ただ積み立てていくのは難しいと分かってきた。

もともと人にはキャパ、許容範囲みたいなものがあって簡単には大きくすることができない。

そこで 内容豊かな人生にするには「捨てること」からはじめると良いらしい。

つまり捨てることで空白が生じ、自然とその空白を埋めようとする力が働く。

クローゼットのあまり着ない服をまとめて処分する、するとそこへ新しい服が入ってきて

クローゼットは再び満たされるというわけです。

ついついあれもこれもとスペースのある限りとっておいてしまいがちですが

実は意外といらないもので満たされていたりします。

仕事も然り。 

一生懸命やってるつもりが必要のないことに時間をとられていることがあります。

いらないものにはきっぱりとノーといえる姿勢が必要ですね。


なかなか捨てられない人も多いはずですが思い切っていろんなものを処分してみては。



WS000000.jpg

2012.02.14 真面目
久しぶりにブログを書こうと決めてみました。

以前からのブログも存在はしているのですが、施工事例の掲載に使っているので

こちらは日ごろ考えること感じることを真面目に伝えて行こうと思いました。

それと「ブログを書くんだぞ」と意識することで普段気づかなかった事などが

見えるようになればこれ幸いと思ってます。

人の心を動かせるほどのことが書けるかどうかははなはだ疑問ですが

気楽に私なりに書いていこうと思います。

よろしくどうぞ。



WS000000.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。